大泉学園複合施設とは

卓越したリハビリテーション医療心温まるホスピタリティ

大泉学園複合施設は、回復期リハビリテーションセンター(ねりま健育会病院)、介護老人保健施設(ライフサポートねりま)、訪問看護、通所リハビリテーション、訪問リハビリテーション、居宅介護支援事業所の機能を有します。

地域住民の皆様が住み慣れた環境で、安心、安全、快適に生活を継続できるように、卓越したリハビリテーション医療と心温まるホスピタリティを提供し、急性期・回復期・慢性期の地域医療介護連携と社会参加や社会貢献できる街づくりを支援することで地域貢献を進めます。特に、在宅生活においては、自宅に閉じこもらないように、地域資源を利用することで、太陽を浴びながら屋外を歩き、人と楽しく会話し交流でき、その人に合った役割を実感できる活動を支援します。

卓越したリハビリテーション医療心温まるホスピタリティ

看護部メッセージ

看護部 伊藤 憲次看護部 伊藤 憲次
看護部門では多くのスタッフのアイデアを駆使して皆様の生活の再建に努めます。単に病気や障害の看護ではなく、患者さん、ご家族と一緒になってより良い生活、楽しみのある生活を目指します。

リハビリテーション部メッセージ

リハビリテーション部 二瓶 太志二瓶 太志
患者さんやご利用者が、その人らしく活き活きと生活していけるよう、能力を最大限引き出す「攻めのリハビリ」を酒向Drとともに実践します。最新のリハビリ機器や治療技術も積極的に取り入れて専門的なリハビリテーションを提供するとともに、他職種とも連携して最高のチームアプローチを実施していきます。